1. HOME
  2. 電子帳簿保存法改正に関するお役立ち情報

電子帳簿保存法改正に関するお役立ち情報

新明和ソフトテクノロジでは、kintoneを活用した電子帳簿保存法改正に関するお役立ち情報を発信しています。
皆様のお役に立てる情報満載ですので、ぜひご覧ください。

電子帳簿保存法改正とは?


電子帳簿保存法とは、各税法で原則紙での保存が義務づけられている帳簿書類について一定の要件を満たした上で電磁的記録(電子データ)による保存を可能とすること及び電子的に授受した取引情報の保存義務等を定めた法律です。取引情報の一部である契約書についても保存義務があり、電子取引データの紙での保存はNGとなり、さらに真実性・可視性の要件を満たす必要があります。

よって、契約書を管理できるソリューションは、電子帳簿保存法に対応することはもちろん、業務の効率化・リスク管理のために、より効果的に契約書管理業務を行うために必要不可欠となります。

改定後に何が変わったの?

2022年初頭に施行が予定されている改正法により、取引記録の電磁的記録による保管の要件が緩やかになり、スキャン保存が大幅に認められることから、企業のペーパレス化が大幅に進むものとみられています。

企業がやるべきことは?

企業が電子帳簿保存法改正に対応するためにやるべきことは、大きく3つあります。一つ目は、「電子取引データを電子保存すること(紙での保存はNG)」。
二つ目は、「保存された電子取引データは、真実性要件」を満たすこと。三つめは、「保存された電子取引データは、可視性の要件を満たすこと」となります。
これらの3要件を満たすためには、契約書管理ソリューション+電子契約サービスが必要不可欠となります。

  • 電子取引データの紙保存NG

    infolawchange_01.png
  • 真実性の確保

    タイムスタンプで取引時期を証明
    ※取引の業務サイクル後、速やかに

    infolawchange_02.png
  • 可視性の確保

     

    infolawchange_03.png

お役立ち情報

電子帳簿保存法改正に関するお役立ち情報を掲載しております。詳細ページをご覧の上、ぜひご参加ください。

セミナー情報

近日開催予定のセミナー情報を掲載しております。詳細ページをご覧の上、ご希望の回にお申し込みください。